お金借りる ランキング

今すぐお金借りるために選ぶべきキャッシング・カードローンとは?

緊急で今すぐにお金を借りたい、でも家族や友人には借りられないそんなとき、あなたはどうしますか?

お金を借りるといえば、カードローンやキャッシングは思いつくものの、どうしたらいいかわからない……
どこで借りるのがベストなのかわからない……そんな人が多いのではないでしょうか。


急ぎでお金借りる必要がある人も大丈夫!
今回は、お金の借入先のキャッシングやカードローンをランキングでご紹介♪
お金ってどうやったら借りられるの?というあなた向けに、お金を借りる手続きや用語についても解説しています!

 

 

お急ぎでお金を借りたい人なら消費者金融のキャッシング一択!

1か月後までに借りられたらいいや、という人はともかく、今日即日、明日、明後日までに借りたいという人が利用するのは消費者金融キャッシング一択です。

 

消費者金融のキャッシングと言えば、どこをイメージするでしょうか。
消費者金融というと何となく、ブラック、怖いというようなイメージがある人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。
アコムやプロミス等、CMや広告で見るような有名消費者金融であれば、法律を守って運営されていて安全に利用できますよ♪
また、保証人や・担保も不要で、銀行のローンなどよりも手軽に利用できるメリットがあります。

 

なぜ消費者金融キャッシングがお金借りるのにちょうどいいの?

即日融資(申し込みから実際にお金を引き出すところまで当日中に完結すること)を現実するためには、銀行系カードローンより消費者金融のキャッシングのほうが適しているんです。

 

銀行系カードローンは、申し込んでからカード発行まで1週間以上時間がかかってしまうことも多く、即日融資には向いていません。
その点、消費者金融のキャッシングは、最短30分で審査が終了でき、1時間で契約まで可能なほど「融資までが早い」のがポイントなんです。
そのほかにも、アルバイトやパート、派遣社員の人でも申し込めるなど、銀行系カードローンにはないメリットが数多くあります。

 

銀行系カードローンは、その分キャッシングよりも金利が低い(利子が安い)ことも多いため、即日融資希望なのか、融資まで余裕があるのかで使い分けるのもおすすめです♪

 

お金借りるときに選んで損しない消費者金融ランキング!

アコム

アコム

アコムのおすすめポイント♪

  • 最短30分審査!最短で1時間以内で融資も!
  • アコムの契約が初めてなら最大30日間無利息
  • 土日祝、夜間(22:00まで)でも審査OK
  • 楽天銀行の口座があれば、24h、365日振込キャッシング可能
  • 自分自身に収入があれば主婦パート・学生アルバイト・派遣社員・自営業でも申込OK

実質年率

借入限度額

3.0%〜18.0%

800万円

↓詳細は公式サイトから↓

https://www.acom.co.jp/

アコムを実際に利用したレビュー

無利息・即日融資可能・楽天銀行提携で24時間振込可能と、キャッシングの基本をすべて満たしているのがアコムです!
金利は他と大差ないものの、この点ではどこも横並びですので気にすることではないでしょう。
とにかく多くの人に利用されており、男性女性、若い人年配の人、オールマイティに人気です。
どこにしようか迷ったらまずはアコムへ♪
サポートも充実しており、初心者の人でも安心して申し込み可能です。
お金を借りるのがはじめてだった私でも30分で審査が完了し、すぐにお金を借りることができました!

WEB審査申し込みは公式サイトから

→https://www.acom.co.jp/

 

 

プロミス

プロミスのおすすめポイント♪

  • プロミスが初めての人なら初回借入翌日から30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、365日24時間、最短10秒、手数料無料で振込可能(瞬フリ)!
  • 紛失やカードからの家族バレを未然に防ぐカードレス利用もOK(※プロミスはカードあり、カードなしで選択可能)

実質年率

借入限度額

4.5%〜17.8%

500万円

↓詳細は公式サイトから↓

https://cyber.promise.co.jp/

プロミスを実際に利用したレビュー

「とにかく早い!」のCMでもおなじみのプロミスが2位にランクイン!
アコムと同様、即日融資や無利息の基本をしっかりおさえながら、さらに最高金利が17.8%とアコムより0.2%低いのもうれしいポイントです。
そのかわり、最低金利は0.5%アコムより高く設定されています。
限度額ぎりぎりの高額融資にはあまり向きませんが、50万円未満の少額融資では金利がお得になりますね♪
さらに、無利息期間が、はじめての借り入れからスタートするため、契約日から融資を受ける日までにブランクがあっても大丈夫!
即日融資じゃなくてもいいかな、という人の強い味方です。

\WEB審査申し込みは公式サイトから!/

https://cyber.promise.co.jp/

 

 

アイフル

アイフル

アイフルのおすすめポイント♪

  • 申し込みから最短1時間で融資も可能!
  • レディースアイフルなど女性によるサポートが充実
  • アイフルが初めての人限定で最大30日間無利息サービスあり
  • カードが内緒で受け取れる!
  • ※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方

↓詳細は公式サイトから↓

https://www.aiful.co.jp/

実質年率

借入限度額

3.0%〜18.0%

800万円

アイフルを実際に利用したレビュー

受取人指定・時間帯指定でカードを自宅でだれにも知られずに受けとれるのがアイフルです。
自動契約機の中に入って操作するのは不安…。
誰にも見られたくない!
家族のいない時間にカードを受け取りたい。
そんな人にとってもおすすめ♪
無利息期間も契約から最大30日としっかりついているので、利息を節約したい人にも向いています。

WEB審査申し込みは公式サイトから

→https://www.aiful.co.jp/

 

 

 

 

お金借りる初心者さんのためのキャッシング用語解説

 

利用限度額とは?

自分が借りられる金額の最大値を指します。

 

キャッシング審査の際には、必ず利用限度額を自己申告して申し込みます。
希望できる利用限度額は、他社からの借り入れもあわせて最大でも年収の1/3まで。
それを超える借り入れは貸金業法の総量規制で禁止されています。
(※他社からの借り入れには、住宅ローン等の銀行ローンは含みません。)

 

たとえば、40万円借りたい、という場合は40万円の利用限度額で審査を出しましょう。
あまり高い金額で審査依頼を出してしまうと、審査が厳しい状態になってしまいます。
逆を言えば、アルバイトやパートで年収に自信がない、という人でも、年収に比較して低い金額の限度額を提示することで、審査の通過をスムーズにすることも可能です。

 

※50万以上の借入限度額を希望する場合は、必ず源泉徴収票や確定申告書、直近数か月分の給与明細などの収入証明書類の提出が必要です。

 

実質年率とは?

利子(利息)の額を決める%のことです。

 

借りたお金(元金)に対して、返済にあたっては利息をつけて返済します。
利息(利子)とは、お金を借りるための手数料のようなものです。
この利息を計算するときに使うのが金利です。
厳密には同じではないのですが、金利と実質年率はほぼ同じと考えても差し支えはありません。

 

実質年率(金利)から実際に支払う利息を計算するには以下の公式に当てはめて考えてみましょう。

 

元金×金利÷365×借入期間の日数=利用日数分の利息

 

例として、アコムで20万円借りて約6か月で返済する場合の利息を計算してみましょう。
20万円×18.0÷365×180=17,753円
こうなります。
ただ、実際は、毎月返済することで元金が減っていくため、実際に支払う利息は計算した数字よりも減ることがほとんどでしょう。
毎月の返済額が大きくなればなるほど、実際の利息は少なくなります。
返済が計画的にできるかどうかは、お金を借りる前にきちんとシミュレーションをしておきましょう♪

 

振込キャッシング(ネットキャッシング)とは?

カードキャッシングでATMやCD(キャッシュディスペンサー)でお金を引き出すのではなく、直接自分の口座にお金を振り込んでもらう借入方法のことです。

 

ネットキャッシングは、自分の銀行口座にお金が直接振り込まれます。
各消費者金融が提携しているネット銀行の口座を持っていれば、24時間の振り込みに対応している、ということもあります。
ふつうの銀行であれば、平日の14:00までの振込依頼で当日着金で利用することができます。
それ以降は後日の着金となりますし、土日は銀行がお休みのため、週明けまで時間が空いてしまいます。
ネットキャッシングを利用したい人は、自分が口座をもっている銀行と提携しているかを確認しておきましょう。

カードキャッシングであればコンビニから365日深夜でも引き出すことができるため、不安な人はカードキャッシングも振込キャッシングも併用するのもおすすめです。

 

即日融資キャッシングの最短申し込み方法

即日かそうでないかにかかわらず、キャッシング審査は必ず公式サイトからWEB申し込みで審査に申し込みましょう!

コールセンターの電話だけでは申し込みができませんし、郵送での書類のやりとりでは時間と手間が段違いにかかります。
しかも、何か不備があればその都度また郵送が必要…。

 

WEB審査なら、そういったわずらわしさから完全に開放されます♪

しかも、WEB審査なら最短30分で審査の合否がわかり、そのまま契約に進めて圧倒的にスムーズなんです!

 

早く借りたい!今日中に借りたい!という人は、消費者金融ランキングから気になった消費者金融を選んでさっそく申し込んでみてくださいね。
審査に通過できるか不安、というあなたはまずは各社公式サイトの簡易診断からトライしてみましょう。
「1秒審査」「3秒審査」などの名前で、年齢や年収、他社からの借り入れ状況など、個人を特定できない情報だけで簡易版の審査結果がその場でわかります。
ここで通過してから申し込めば、安心して結果を待つことができますね!

 

即日融資OKの消費者金融ランキングへ

 

キャッシング審査の必要な書類

キャッシングの審査に必須なのは、本人確認書類で身分証明書です。
使用できる書類は以下のようなものがあります。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カー(マイナンバーカード)
  • 住基カード

 

これらは、カードに顔写真がついているため、単独で身分証として使用できます。
顔写真がない、保険証等を使用したい場合は、さらに以下の書類のいずれかを添えて提出しましょう。

 

  • 住民票
  • 公共料金領収書
  • 納税通知書

 

身分証明書の住所が現住所と異なっている場合も、上記の書類の提出を求められます。
手元に用意して審査に臨みましょう!

 

また、一社で50万円以上、他社からの借り入れも併せて100万円以上の借り入れを希望する場合は、収入証明書の提出も必要です。
収入証明書は各社提出を求められるものに差があるようですが、

 

  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 源泉徴収票
  • 最新の給与明細(2〜3か月分)

 

などが利用できます。
どれも用意できそうにない、という方は、50万円未満で申し込んでみてくださいね♪

 

書類はアプリや公式サイトで画像としてアップロードするだけ!

なお、書類の提出は書類のやりとりをする必要はありません。
スマホからなら、専用アプリを利用、パソコンなら、ブラウザ上で画像を送信するだけです。
身分証などの書類をスマホやデジカメで撮影して使用します。
画像が不鮮明だったり、必要な情報が見切れていると再提出になってしまいます。
全体がしっかりと鮮明に写るよう、明るい場所で撮影して送信しましょう!

 

キャッシング審査から借り入れまでの流れ4STEP

各社公式サイトから審査申し込み
アプリやブラウザ上で必要書類を提出
審査結果の通知を受け取る
無人契約機でカード発行orネットキャッシングor郵送でカード受け取り

 

じつは、お金を借りるってこんなに簡単な手順でOKなんです♪
4.)のお金の借り方には個人差がありますが、審査完了までの手続きは、スマートフォンかパソコンだけでOKですし、時間も15分もあれば充分完了できるはずです。

 

即日融資OKの消費者金融ランキングへ

 

お金の引き出し方は自分の都合にあわせて選ぼう!

お金を実際に手に入れる方法は

 

  1. 自動契約機でカードを作成
  2. 振込キャッシング
  3. 郵送でカード受け取り

 

この3つから選ぶことができます。

 

夜間の申し込みやとにかくお急ぎならカードを発行しよう

この中で、夜間でも即日でお金を引き出すことができるのは@の自動契約機でカードを作成する方法。
自動契約機の営業時間が22:00までとなっていますので、当日のカード作成なら、21:00には最悪でも審査の申し込みをしておき、21:30には契約機にむかっておく必要があります。

 

カードさえ作ってしまえば、実際にお金を引き出すのはコンビニATMでOK。
つまり、365日24時間お金が自由に引き出せる状態になります。

 

ネットキャッシングは銀行の受付時間の確認を!

Aの振込キャッシングを利用したい場合は、自分が提携ネット銀行の口座を持っているかどうかで利便性が大きく変わります。
口座があれば、そのまま24時間振込OKですが、ない場合は銀行の営業時間内での送金・着金となります。
もしお急ぎで、ということであれば、自動契約機の利用を検討してみてくださいね♪

 

自宅でラクチンカード受け取り♪

最も時間がかかってしまうのが、自宅へのカード発送です。
ただ、お急ぎでない人にとってはこれ以上ない便利なサービスとも言えますね。
曜日や時間帯が指定できますので、家族がいない時間帯に受け取る、なんてことも可能です。

 

もっとたくさんお金を借りたい!利用限度額を高くするためには?

初めてのお金の借り入れでは50万円以内の融資ということがほとんどです。

100万円、200万円という希望を出しても、なかなか希望通りとはいかず、希望より低い額の借り入れ限度額になることも多いでしょう。

 

実際の借り入れ限度額は、個人信用情報(クレジットカードの支払い履歴や他社からの借り入れに対する返済状況)などをもとに、返済能力を考慮のうえ、慎重に決定されます。
さらにここに、年齢・現在の収入・勤務先・勤務形態・勤続年数・居住形態(持ち家か賃貸か)・居住年数・家族構成(単身者か既婚者か、家族と同居か等)など多くの条件が考慮されます。
決められた限度額を個人の都合で変更することはほとんどできません。
では、大きな金額を借りるにはどうしたらいいのでしょう。

 

そのためには、毎月コンスタントに遅れずに返済を続けることです。
返済が余裕をもってできている人に対しては、消費者金融は年収の三分の一の範囲内で、限度額を引き上げていきます。
「この人なら、このくらい貸しても大丈夫だな」と思ってもらうことが大切!
借りすぎて返済できないようでは自分も消費者金融側も困ってしまいますよね。
まずは、自分が滞りなく返済できる額から借り入れをスタートしてみましょう。

 

お金を借りられる人・借りられない人まとめてみた

お金を借りられる人というのは、ずばり「安定収入があるかどうか」という点がポイントです。

1年のうちひと月だけ120万円の収入があってもあとの月は無収入という状態ではお金を借りることは困難。
でも、毎月10万円の収入がコンスタントにある場合は、融資が可能なことも多いんです。
アルバイトやパート、派遣社員の人でも消費者金融のキャッシングなら間口が広く申し込みが可能です。
派遣社員の人は、ただ派遣会社に登録しているだけでは就業しているとみなされません。
実際に派遣された会社で働いていて、収入を得ていることが重要になってきます。

 

無職でもお金借りることってできる?

現状、無職の状態ではキャシングでお金を借り入れすることは不可能です。
無職の場合、たとえ貯金があっても、継続した収入がないとみなされるためです。
消費者金融のキャッシングでは、お金を借りる本人に収入がなければなりません。
無職の人がお金を借りられる可能性があるとすれば、銀行の有担保ローンです。
家や土地や担保にしてお金を借りることができることもあります。

 

しかし、もちろん有担保ローンは、ローンの返済ができなくなった場合に住む家をなくしてしまう高いリスクがあります。
可能であれば、仕事をして無担保のローンの申し込みができるのがベストでしょう。

 

専業主婦はキャッシングできる?

結論から言うと、消費者金融のキャッシングでは無収入の専業主婦は契約ができません。
消費者金融では、あくまで借り入れを行う本人の収入が審査の対象になるからです。
専業主婦がお金を借りられる可能性があるのは、銀行系カードローンです。
銀行カードローン自体は、審査はキャッシングよりもやや厳しい傾向にあるといわれています。
しかし、審査は収入のある配偶者の年収でも、世帯年収として申告できるんです。

 

収入源である配偶者に黙って契約してしまうと、思わぬ家庭内トラブルの元になることも。
借り入れ前に相談をしてから審査に申し込むと安心ですね。

 

家族や会社にバレずに借りるためにすべきこと3つ

お金を借りるにあたって気になるのが他人にバレないか?ということですよね。

大丈夫です、ポイントさえおさえておけば、バレることなく安心して借りることができます。


 

会社の同僚にバレないためにやるべきこと

キャッシングの審査には、職場への在籍確認が必ず行われます。
その方法とは、職場に実際に電話をかけて、契約者本人が申告した会社の申告した部署にいるかどうかを確認するんです。
ちょっとぎょっとしてしまうかもしれませんが、不安になることはありません。

 

まず、消費者金融側は消費者金融とわからないよう個人名で電話をかけてきます。
ですから、あなた以外が電話に出たとしても、消費者金融の電話と判別されることはありません。
ただ、自らも消費者金融等を利用したことがある人にもしかして?と勘づかれる可能性がありますよね。

 

そこで先手を打って、あらかじめ「クレジットカードの審査で電話がかかってくる」と伝えてしまいましょう。
クレジットカードの発行でも同様の審査が行われますので、不審な点は何もありません。

 

妻や夫にバレないためにできること

妻や夫には、キャッシングやカードローンのことを知られたくないのは人間であればだれでも同じです。
お金のことで心配をかけたくない、恥ずかしい、そんな人も安心してください。
実は、配偶者や家族にバレずにお金を借りることはそう難しいことではありません。

 

お金を借りていることがバレる原因は大きく2つ。

 

  • 返済が遅延・滞納して自宅に連絡がいく
  • キャッシングカードや明細書が見つかってしまう

 

まず、返済の遅滞や滞納は、催促状や電話連絡が必ずきます。
電話は、登録の電話番号にかかってきます。
そのため、審査の個人情報入力の際に、必ず自分の携帯の電話番号を入力しておきましょう!

 

また、自宅へのカード送付や明細書の送付は自分で送付をストップすることが可能です。
カードを持たないカードレスキャッシングができる消費者金融(たとえばプロミスなど)を利用したり、自宅ではなく自動契約機でカードを受け取るようにしましょう。
お財布の中のカードが見つかることが不安な場合は、職場のロッカーや引き出しにしまってしまうという手もあります。
明細書はWEB明細書を利用することで、内緒でバレないだけでなく、返済計画の進捗もリアルタイムで確認することができますね。

 

お金借りる!消費者金融ランキングから気になることまとめ

消費者金融のランキングから、お金を借りるうえで躓きやすいポイントをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?
お金を借りるとき、はじめはわからないことばっかりでドキドキしちゃいますよね。
でも、実は、融資まで1時間程度で借りられるだけでなく、審査自体もとってもスムーズ。
お金を借りるって実はそこまで大変なことじゃないのかも……。
実際に試してみると、そう実感できるのではないでしょうか!

 

  • 今月の支払いどうしよう……。
  • どうしても、今すぐお金を借りたい!

 

そんな時の強い味方!
キャッシングをぜひ活用してみてください。
まだ決まっていない人は、もう一度ランキングをご覧になってみてくださいね♪

 

即日融資OKの消費者金融ランキングへ